ウェブ、ショウジン

ADOdbをPHPで利用してみる

2009-1-10
Category
PHP

データベース抽象化ライブラリの1つADOdbを利用してみる。

これもPEARパッケージの1つとしてインストールできるのかと思ったら違った。でも、インストールはとても簡単。

http://adodb.sourceforge.net/ > Download > PHP Download の Download from SourceForge > adodb-php5-only(adodb-507-for-php5) を選んでローカルにダウンロード。

展開するとadodb5というフォルダが現れるので、これをこのまんま/opt/local/lib/php/ディレクトリに移動させる。(pearパッケージ等、php.iniのinclude_pathで指定しているディレクトリがこの/opt/local/lib/php/なので)

これで、あとは読み込む時にrequireやincludeで ‘adodb5/adodb.inc.php’ とすれば利用できる。

ADOdbはPEAR::DBよりも高速に動作し、機能も豊富らしい。対応するDBの種類もPEAR::DBに比べ多いらしい。(ちょろっと調べると、それだったらPEAR::MDB2を利用したほうが良さそうだけど)

以下、簡単なデータベーステーブルを作成して、そこにフィールドを1つ追加することで確認したサンプルコード。

idとnameという2つのカラム構造を持つtestというテーブルを作成

mysql> CREATE TABLE test(
    -> id int(11) NOT NULL auto_increment,
    -> name varchar(32) NOT NULL default '',
    -> PRIMARY KEY (id)
    -> ) ENGINE=MyISAM;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

作成したDBテーブルにidが10、nameが山本の新しいフィールドを追加するコード

<?php
// ADOdbモジュールの読み込み
require ('adodb5/adodb.inc.php');

// DBアカウント情報の設定
$sqltype = "mysql";
$server = "localhost";
$user = "root";
$password = "hanage";
$dbname = "phpsamples";

// ADOdbのインスタンスを作成
$DB = NewADOConnection($sqltype);

// DBに接続
$DB->pconnect($server, $user, $password, $dbname);

// 接続確認
if (!$DB) die("接続に失敗しました");

// SQLを実行
$result = $DB->execute("INSERT INTO test VALUES('10', '山本')");

echo "<pre>";

if (!$result) {
	// エラーメッセージ出力
	echo "データを挿入できませんでした\n";
	echo "エラー:".$DB->ErrorMsg()."\n";
} else {
	echo "データを挿入しました";
}

echo "</pre>";

?>

Categories

Tag Cloud

AdMob Android Apache centos CodeIgniter EC-CUBE facebookアプリ facebookページ feed Firefox Flash google googleanalytics htaccess iPad iPhone JavaScript lamp mobile nginx ogp pear php plugin rollover rss sendmail setting smarty ssh Titanium Mobile Titanium Studio tutorial ubuntu vim VirtualBox vmware vps Windows WordPress xampp youtube さくらインターネット アクセス解析 カスタム投稿