ウェブ、ショウジン

CakePHP 1.2でブログチュートリアル その1

2009-8-18
Category
PHP

CakePHPの公式サイトにある「The Cookbook」の「開発例」から、ブログチュートリアルを実践してみるメモ。
http://book.cakephp.org/ja/view/218/Tutorials-Examples

CakePHPのインストール

http://cakephp.jp/で、1.2の最新版cake_1.2.4.8284.tar.gzをMac OSXのローカルにDLする。ダブルクリックして展開した「cake_1.2.4.8284」を、Teminalのコマンドラインから今度はtarコマンドで圧縮する。(Ubuntu側で直接wgetでDLしたtarファイルやzipファイルがなぜか解凍できないことが多いので)

$ tar cf cake_1.2.4.8284.tar cake_1.2.4.8284

このtarファイルをTerminalからsftpでUbuntu ServerのWebRoot(/var/www/)にリモートコピー。ここから先はTerminalからSSHでUbuntu Serverにリモートログインしての操作。

Mac OS Xからコピーしたtarファイルを/var/www/上で展開。

$ tar xf cake_1.2.4.8284.tar

展開して出現した「cake_1.2.4.8284」ディレクトリを、今回のこのブログチュートリアル用にリネーム。名前は「cakeblog」としてみた。

$ mv cake_1.2.4.8284 cakeblog

事前準備みたいなもの

CakePHPはデフォでmod_rewrite(Apacheのモジュール)を使用するようになっているので、Apacheでこれを有効にしておくこと

それから、Apacheはデフォでは.htaccessが使用可能な設定になっていないので、これも使用可能なように設定変更しておくこと

CakePHP画面のエラーを解消する

http://UbuntuのIPアドレス/cakeblog/

にブラウザでアクセスすると、以下のような画面が表示され、その中にはいくつかエラーも出力されている。これを解消していく。

cakeblog_001

まず、ページ最上部で表示されている

Warning (512): /var/www/cakeblog/app/tmp/cache/ is not writable [CORE/cake/libs/cache/file.php, line 262]

を解消する。

これはインストールしたCakePHPの/cakeblog/app/tmp/cache/ディレクトリに書き込み権限がないことから出ているエラーなので、次のコマンドを実行して、tmpディレクトリ以下に書き込みが出来るようにする。

cdでcakeblog/appディレクトリに移動して

$ cd cakeblog/app

chmodコマンドでtmpディレクトリ以下のパーミッションを変更

$ chmod -R 777 tmp

ブラウザをリロードすると、当該エラーの表示はなくなっている。

cakeblog_002

次にNotice(1024)エラーを解決する。

Notice (1024): Please change the value of ‘Security.salt’ in app/config/core.php to a salt value specific to your application [CORE/cake/libs/debugger.php, line 557]

このメッセージの意味は、「ハッシュ生成に利用するランダムな値を設定してください」ということらしいので、そのデフォルトの値を適当に(すぐに推測されるような値でなければ何でもよいらしい)変更する。

/var/www/cakeblog/app/config/core.php

をvimで開いて、「Security.salt」で検索(/)し、その行のデフォルト値(すごい長くてメチャメチャな文字列)を自分で適当に書き換える。

Configure::write(’Security.salt’, ‘この部分の文字列を書き換えた’);

保存してからブラウザをリロードすると、エラーの表示はなくなっている。

cakeblog_003

次に解消すべきは以下のメッセージ内容。

Your database configuration file is NOT present.
Rename config/database.php.default to config/database.php

「データベースの設定ファイルがないから、既存の/config/database.php.defaultというファイルをリネームしてそれにあてるといいよ」と。

それに従って、vimでdatabase.php.defaultをdatabase.phpとして別名保存。

ブラウザをリロードして当該エラーが消えていることを確認。

cakeblog_004

まだ「Cake is NOT able to connect to the database.」というメッセージが黄色い背景色で強調表示されているけれど、これは「Cakeがデータベースに接続出来ないよ」ということで、今はまだ利用するデータベースを用意していないのでこのままにして次の段階へ進む。(データベースへの接続設定は直前に作成したdatabase.phpで行う)

Categories

Tag Cloud

AdMob Android Apache centos CodeIgniter EC-CUBE facebookアプリ facebookページ feed Firefox Flash google googleanalytics htaccess iPad iPhone JavaScript lamp mobile nginx ogp pear php plugin rollover rss sendmail setting smarty ssh Titanium Mobile Titanium Studio tutorial ubuntu vim VirtualBox vmware vps Windows WordPress xampp youtube さくらインターネット アクセス解析 カスタム投稿