ウェブ、ショウジン

CentOS 5にMongoDBをインストール

2012-7-1
Category
未分類

仮想マシンはこれまでVMware Fusionでやっていたけれど、無料ということもあり、VirtualBoxに変更。

そのVirtualBox環境にCentOS 5をインストールしてLAMP環境を構築。そこにMongoDBも用意する。

2.0 からはじめる MongoDB – 第1回 #mongodbjp

上記の記事を参考どころか、まんま、です。(ありがとうございます、ないすうぁん!)

rootユーザーに切り替えて作業。

$ su -

リポジトリの設定ファイル

/etc/yum.repos.d/10gen.repo

を用意して以下を記述する。

/etc/yum.repos.d/10gen.repo

name = 10gen Repository
baseurl = http://downloads-distro.mongodb.org/repo/redhat/os/x86_64
gpgcheck = 0

yumコマンドでインストール

# yum install mongo-10gen mongo-10gen-server

MongoDBを起動させてみる

# /etc/init.d/mongod start

こんな感じになる。大丈夫かな?

# /etc/init.d/mongod start
Starting mongod:                                           [  OK  ]
forked process: 12058
all output going to: /var/log/mongo/mongod.log

自動起動に設定するにはchkconfigコマンドを使って登録

# chkconfig --add mongod

とくにオプションも指定せず、ただ起動するなら

$ mongo

でよいそうな。これで起動すると

MongoDB shell version: 2.0.6connecting to: test
>

こんなふうにMySQLでいうところのmysqlモニターみたいな対話型のインタラクティブシェルが立ち上がってくる。

その他のOSへのインストールは下記URLを参照のこと。
http://blog.madapaja.net/2011/09/20-mongodb-1-mongodbjp.html

Categories

Tag Cloud

AdMob Android Apache centos CodeIgniter EC-CUBE facebookアプリ facebookページ feed Firefox Flash google googleanalytics htaccess iPad iPhone JavaScript lamp mobile nginx ogp pear php plugin rollover rss sendmail setting smarty ssh Titanium Mobile Titanium Studio tutorial ubuntu vim VirtualBox vmware vps Windows WordPress xampp youtube さくらインターネット アクセス解析 カスタム投稿