ウェブ、ショウジン

さくらでCRONを利用する

2010-1-3
Category
Server Web技術

年末にチカッパからのりかえたさくらのレンタルサーバサービスではCRONが利用出来る。(プランによる)

数時間おきに自動で実行したいスクリプトがあったので、これを動かすために初めてCRONを利用してみた。以下、その設定の簡単な覚え書き。(あくまでもさくらにおいての)

サーバコントロールパネルを開き、左カラムにある「アプリケーションの設定」中にある「CRONの設定」をクリック。

「CRON設定一覧」部分にある「新規項目の追加」をクリックし、自分が実行したいコマンドとそのパス、その他の詳細(実行時間や間隔等を細かく設定出来る)を設定する。

さくらでCRONを利用する

「さくら」、「cron」とかで検索すると、すぐに役立ちそうな記事がヒットするんだけど、なんでも最近になって設定の仕方が変更になったようで、このやり方(比較的すぐに目に付く記事)だと実行出来ず。

以前は「実行コマンド」の部分を

/usr/local/bin/php /home/アカウント/プログラム.php

としておけば良かったらしい。PHPの場所と、実行したいスクリプトまでのパスを半角スペースで区切っておけば。

それが、この記事「さくらレンタルサーバのCRON設定」によると、なんでもサーバOSをヴァージョンアップしたとかで、この指定ではCRONを実行できなくなったと。現在では以下のように記述する。(今回はPHPスクリプトを実行)

cd /home/自分が契約しているアカウント/www/実行させたいスクリプトがあるディレクトリへのパス; /usr/local/bin/php 実行したいスクリプト.php

実行日時の部分は、この例だと日時、曜日に関係なく、とにかく「6時間おき」に実行としている。より詳しい設定については、このコントロールパネルの「CRON スケジュール設定」の下のほうに解説があるのでそれを参照のこと。

お世話になった記事:さくらレンタルサーバのCRON設定
ありがとうございました。

Categories

Tag Cloud

AdMob Android Apache centos CodeIgniter EC-CUBE facebookアプリ facebookページ feed Firefox Flash google googleanalytics htaccess iPad iPhone JavaScript lamp mobile nginx ogp pear php plugin rollover rss sendmail setting smarty ssh Titanium Mobile Titanium Studio tutorial ubuntu vim VirtualBox vmware vps Windows WordPress xampp youtube さくらインターネット アクセス解析 カスタム投稿