ウェブ、ショウジン

さくらにEC-CUBEをインストール

2011-2-3
Category
CMS

EC-CUBE version 2.4.x(たぶん2.4.3か2.4.4)

2010年春先にやってブログに残していたけれど、こっちに持ってきました。(前はSHOWJIN*BLOGに置いていた)

ドメイン直下にインストールしたい場合はEC-CUBEをドメイン直下にインストールを参照。

こっからが本題。

さくらでは文字コードの問題や.htaccessにphp.iniの設定を記述できないことから、ちょこちょことコツというか、ちょっとした調整が必要。データベースも現在はMySQLに対応しているけれど、PosgreSQLのほうが扱いやすい(トラブルにも遭いにくい)らしい。EC-CUBE中の人(ロックオン)もそう言っていた。

かなりハマって、四回目のインストールでやっと解消できたので記念に、ここに記録しておきます。(後続の人の役に立てば)

まず先にデータベースを用意する。

さくらのコントロールパネルにアクセスし、データベースを作成。
(MySQL 5.1)

EC-CUBEの最新版をダウンロードする。
Version 2.4.3(zip)
※2011/2/03現在の最新版は2.4.4

ローカルで展開し、以下三つをディレクトリごと/wwwにFTP転送。
(あ、リモート操作でサーバ上でやったほうが早いけど)

data/
docs/
html/

Webブラウザで以下のURLにアクセスし、インストールを開始。

http://サイトドメイン/html/install

エラーになる。

あ、思い出した。さくらではphpを扱う際にはパーミッションが705でないといけないんだった。(ファイル、ディレクトリ)

ということでやりなおし。

CyberDuck(MacのFTPクライアントアプリケーションソフト)でhtml, docs, dataそれぞれのパーミッションを705にする。このときに「内包している項目にも適用する」にチェックを入れておく。

つづいて、もうひとつのエラーの原因を解消する。

さくらでは.htaccessにphpの設定が記述されているとエラーになる。なので、以下のディレクトリにある.htaccessに記述されている既存の内容(phpの設定)を削除。

/www/html/.htaccess
/www/html/mobile/.htaccess

削除した内容は、さくらのコントロールパネルからphp.iniが編集(作成)できるので、ここに記述する。この管理画面からのphp.iniの作成は、/home/アカウント名/www/に実行される。

/home/アカウント名/www/php.ini

magic_quotes_gpc = Off
mbstring.language Japanese
output_handler mb_output_handler
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.http_output = UTF-8
mbstring.internal_encoding = UTF-8
upload_max_filesize 5M
register_globals = Off

そして、これが一番やっかいだったのだけど、一部で文字化けを起こす原因を解消する。

data/class/SC_DbConn.php
にある以下の部分をコメントに従って、コメントを外し、有効にする。

//MySQL文字化け対策(MySQLで文字化けする場合は以下のコメントアウトをはずして動作確認してみてください。)
// if (DB_TYPE == 'mysql') {
//    $objDbConn->query('SET NAMES utf8');
// }

SET NAMESを使わないやり方を解説している記事も読んだ気がするけど忘れました。

※上記の対処をせずにインストールを終えてしまうともう直せないので、これをした上で再度インストール。それでもまだ文字化けが治っていなかったらdata/cacheディレクトリ内のphpファイルを全削除。

再度インストールを始める。

http://サイトドメイン/html/install

1

今度は無事、インストール開始画面が表示された。

この調子で進めていく。

アクセス権限も正常と表示されている。
さらに画面の案内に従ってインストール作業を進める。

「ECサイトの設定」部分で、管理者のログインIDとパスワードを入力する際に、この内容をちゃんとおぼえておくこと。

データベースの設定に関しては、先にさくらのコントロールパネル上で作成しておいたMySQLのデータベース情報を参照して入力。

2

DBの種類:MySQL
DBサーバ:さくらで「データベースサーバ」となっている部分
ポート:空白のまま
DB名:さくらにおけるユーザ名
DBユーザ:DB名に同じ
DBパスワード:さくらの会員IDに対応するもの(サーバパスワードではない)

次に進む。

3

オプション(「初期化を行わない」旨の)のチェックはせずに進める。

4

何もチェックせず、このまま「次へ進む」をクリック。

インストール最後の画面。(キャプチャ忘れた)

はい(推奨)のチェックのまま、「次へ進む」をクリック。

これでインストールは完了。

さっそく管理画面にアクセスしてみる。

5

インストール完了後は、/www/html/install/index.phpは削除しておくこと。(してないと画面最上部に赤字でアラート文言がでる)

文字化けしていた箇所も正常に表示されるようになり、とりあえずは無事、インストール完了。

EC-CUBEはUTF8、さくらはEUC-JPとか、さくらだとMySQLの文字コードがデフォルトで日本語ujisとか、そのあたりが色々と面倒な原因なのだろうか。(そして、このあとにもいろいろなトラブルに遭遇するのであった。)

Categories

Tag Cloud

AdMob Android Apache centos CodeIgniter EC-CUBE facebookアプリ facebookページ feed Firefox Flash google googleanalytics htaccess iPad iPhone JavaScript lamp mobile nginx ogp pear php plugin rollover rss sendmail setting smarty ssh Titanium Mobile Titanium Studio tutorial ubuntu vim VirtualBox vmware vps Windows WordPress xampp youtube さくらインターネット アクセス解析 カスタム投稿