ウェブ、ショウジン

Ubuntu ServerにCakePHPをインストールする

2009-5-14
Category
PHP

WEB+DB PRESS vol.50にあった記事を参考にして仕事場のほうの macbook に入っている VMware Fusion のUbuntu Server 版に CakePHP をインストールしてみた。

最初に、CakePHPはデフォでmod_rewrite(Apacheのモジュール)を使用するようになっていないので、Apacheでこれを有効にしておくこと。

それから、Apacheはデフォでは.htaccessが使用可能な設定になっていないので、これも使用可能なように設定変更しておく。

CakePHP の最新版 1.2.3.8166 を DL する

http://cakephp.jp/
cake_1.2.3.8166.tar.gz を選択して DL

ssh で VMware にある Ubuntu Server に接続

ターミナルから ssh で 仮想マシン上の Ubuntu に接続

Webサーバのドキュメントルート
(http://localhost/ でアクセスする部分)
である /var/www ディレクトリのパーミッションを変更する。

これをしておかないと、ファイルのコピーやなんかで
毎回蹴られて(denied)作業がしずらいので。

$ sudo chown -R ログインユーザID:www-data /var/www/

ついでに、ログインユーザID(この場合はオレ)のグループも www-data にしておくと便利なのでしておく。

$ sudo usermod -g www-data ログインユーザID

sftp で Ubuntu の /var/www に cake_1.2.3.8166.tar.gz をコピー

DL した cake_1.2.3.8166.tar.gz を、sftp で Ubuntu に接続して
Ubuntu の /var/www に put する。
(このコピー作業をするために、前述のパーミッション変更が必要だった)

ssh にもどって cake_1.2.3.8166.tar.gz を展開

sftp で Ubuntu にコピーした CakePHP の圧縮ファイルを展開する。

$ tar zxvf cake_1.2.3.8166.tar.gz

これで一応のインストールは完了。(エラーは出るけど)

ディレクトリをリネームして CakePHP の画面にアクセス

tar コマンドで展開された CakePHP のディレクトリはこのままだと
cake_1.2.3.8166 で非常に長いので、cake にリネームする
/var/www に移動して

$ mv cake_1.2.3.8166 cake

これで、osx のブラウザから http:IPアドレス/cake で
とりあえずは CakePHP の Home 画面が表示される。

ページ最上部で表示されている Warning エラーを解決する。

Warning (512): /var/www/cake/app/tmp/cache/ is not writable [CORE/cake/libs/cache/file.php, line 263]

sshでUbuntuに接続して、インストールした/var/www/cakeの中の/app/tmp/ディレクトリに書き込み権限を与える。

$ cd /var/www/cake/app/
$ chmod -R 777 tmp

ブラウザをリロードするとエラー表示が消えている。解決。

つづけて、Notice(1024) エラーを解決する。

Please change the value of ‘Security.salt’ in app/config/core.php to a salt value specific to your application

「ハッシュ生成に利用するランダムな値を設定してください」っていうメッセージだそう。

/var/www/cake/app/config/core.php
を vim でひらいて(vimじゃなくてもいいけど)

Security.salt で検索(/)して、その行のデフォルトの値(すごい長いメチャメチャな文字列)を自分で書き換える(すぐに推測されちゃうようなものでなければなんでもよいみたい)。保存して、ブラウザにもどってリロードするとエラーは消えている。
Configure::write(‘Security.salt’, ‘この部分の文字列を書き換えた’);

最後のエラーは、データベースがらみのものらしい。簡単な英文だったからオレでも理解できて対処できた。

Your database configuration file is NOT present.
Rename config/database.php.default to config/database.php

データベース構成ファイルがないから、今現在ある
/config/database.php.default というファイルをリネームして、それにあてろと。

vim で database.php.default を開いて、database.php として別名保存。

これでエラーメッセージはすべて消えた。

Categories

Tag Cloud

AdMob Android Apache centos CodeIgniter EC-CUBE facebookアプリ facebookページ feed Firefox Flash google googleanalytics htaccess iPad iPhone JavaScript lamp mobile nginx ogp pear php plugin rollover rss sendmail setting smarty ssh Titanium Mobile Titanium Studio tutorial ubuntu vim VirtualBox vmware vps Windows WordPress xampp youtube さくらインターネット アクセス解析 カスタム投稿