ウェブ、ショウジン

CodeIgniterのインストール

2009-4-29
Category
PHP

CodeIgniter徹底入門を参考にして、PHPフレームワークの「CodeIgniter」をインストールして環境構築するまでのメモ。(XAMPP と Eclipse/PDTを使用)

CodeIgniter徹底入門
CodeIgniter徹底入門
posted with amazlet at 11.02.03
河合 勝彦 鈴木 憲治 安藤 建一
翔泳社
売り上げランキング: 26120

CodeIgniterのDL

http://codeigniter.com/downloads/で、最新版のCodeIgniter is currently at Version 1.7.1.をDL。

CodeIgniter_1.7.1.zipを解凍して、ディレクトリ名をCodeIgniterに変更。

CodeIgniterを日本語化する

http://sourceforge.jp/projects/codeigniter/releases/でci-jaのci-ja-1.6.3-1.zipをDL。

これを解凍して、ディレクトリ内の全てのファイルとディレクトリをCodeIgniterディレクトリに上書きコピー。(けっこうあるので注意してやること)

そしたらこのCodeIgniterディレクトリをMacintosh HD直下へ移動。

Eclipse を使用せずに CodeIgniter のソースファイルをインストールするには、この段階での「CodeIgniter」ディレクトリを、このディレクトリごと /Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs にコピーすればいい。(あとは、次項の「設定」部分をクリアーすればOK)

CodeIgniterの設定

CodeIgniter/system/application/config/config.phpを開いて以下の箇所を編集して保存。

サイトURLを変更する。

$config['base_url'] = "http://example.com/";

$config['base_url'] = "http://localhost/CodeIgniter/";

mod_rewriteを使ってindex.phpが含まれないURLでアクセス出来るように設定する。

$config['index_page'] = "index.php";

$config['index_page'] = "";

URIセグメントのデータをどこから取得するかを設定する。

$config['uri_protocol'] = "AUTO";

$config['uri_protocol'] = "PATH_INFO";

日本語化パックで日本語化しているので日本語を指定する。

$config['language'] = "english";

$config['language'] = "japanese";

ログのスレッショルドを変更する。
(開発環境でのデバッグに役立てるために、もっとも詳細なログが記録できる設定に)
*ログ保存場所はデフォではCodeIgniter/system/logs

$config['log_threshold'] = 0;

$config['log_threshold'] = 4;

Eclipse/PDTのインストール

http://www.eclipse.org/pdt/downloads/
で、Latest ReleaseにあるAll-In-One Mac OS X Carbonを選択してDL。
(これだとデフォでPHP Perspective, PHP ExplorerのついたEclipseが使える)

日本語化パックのPleiadesがあるけれど、面倒なのでこのまま英語版で使う。

Eclipseでプロジェクトを作成

EclipseへCodeIgniterのソースファイルをインポートするために、Eclipseでプロジェクトを作成する。

workspaceは、/Applications/xampp/htdocsを指定しておく。

Eclipseを起動してFileメニューからNew > PHP Projectを実行。Project nameをCodeIgniterとしてFinish。これで「CodeIgniter」プロジェクトが作成された。

つづいて、CodeIgniterのソースファイル(Macintosh HDに作ったやつ)をEclipseへインポートする。

PHP Explorer上で見えているCodeIgniterプロジェクトをcontrol+クリックして、importを選択。出現するダイアログ上で、GeneralからFile Systemを選択し、Nextをクリック。

ソース(CodeIgniterの)のあるディレクトリを指定するために、From Directoryのところで作成済みのCodeIgniterをBrowse…ボタンでディレクトリごと指定。(Macintosh HD/CodeIgniterを)Finishボタンをクリックするとインポート開始。

ErrorやWarningsがいくつか表示されるけれど、これはHTMLの文法エラーで、この時点ではとくに問題はないので無視してオーケー。

これで、CodeIgniterが/Applications/xampp/htdocs/Codeigniterにインストールできた。

ログとキャッシュの設定

CodeIgniterがログとキャッシュを書き込めるように権限を設定しておく。

$ chmod o+w /Applications/xampp/xamppfiles/htdocs/CodeIgniter/system/logs
$ chmod o+w /Applications/xampp/xamppfiles/htdocs/CodeIgniter/system/cache

mod_rewriteの設定

http://localhost/CodeIgniter/index.php/welcome
これがデフォルト状態でのウェルカムページのURL。

.htaccessを利用して、これをhttp://localhost/CodeIgniter/でアクセス出来るようにする。

htdocs/CodeIgniterに以下の内容の.htaccessを置く。

RewriteEngine on
RewriteCond $1 !^(index\.php|css|user_guide|.+\.gif$|.+\.jpg$|.+\.png$|.+\.js$)
RewriteRule ^(.*)$ /CodeIgniter/index.php/$1 [L]

が、500エラーが発生してウェルカム画面が見られない。はまりまくった顛末を以下のエントリーでメモ。(解決済み)

xamppでmod_rewriteしたいのに500エラー

インストール完了

以上でインストールは完了。

http://localhost/CodeIgniter/で、「CodeIgniterへようこそ!」の画面が表示される。

CodeIgniter徹底入門
CodeIgniter徹底入門
posted with amazlet at 11.02.03
河合 勝彦 鈴木 憲治 安藤 建一
翔泳社
売り上げランキング: 26120

Categories

Tag Cloud

AdMob Android Apache centos CodeIgniter EC-CUBE facebookアプリ facebookページ feed Firefox Flash google googleanalytics htaccess iPad iPhone JavaScript lamp mobile nginx ogp pear php plugin rollover rss sendmail setting smarty ssh Titanium Mobile Titanium Studio tutorial ubuntu vim VirtualBox vmware vps Windows WordPress xampp youtube さくらインターネット アクセス解析 カスタム投稿