ウェブ、ショウジン

SEOにおけるアンカーテキスト内に含めたキーワードの効果

2011-2-4
Category
SEO

Webサイトの制作だけでなく、コンサル、アドバイス的な部分でもお客さんと話すことは多い。

スパム的な行為を推奨、すすめてきたりするSEO業者に余計な出費をしてしまったり、ときに危険な目(実際にあったけどGoogleから警告を食らってしまって一ヶ月ほどサイトまるごとインデックスから削除とか)に遭う、その危険を犯すよりは、派手でそれっぽい?理屈とか特殊な手法を使うよりも地道で安全確実(に近い)ものを自分でコツコツ積み重ねていったほうが結果としては実は最速で効果も高かったりするので、そのへんのことを通常業務外の部分で、個人に近いレベルでよく説明させてもらっている。

それでもそういうのはなかなか理解してもらえなくて(やっぱり面倒だからか、説明がわかりにくいのか)協力してもらえることは少ない。いや、協力というか、実際はお客さんのためであって、こちらとしてはそこは無料でアドバイスさせてもらってるんで、これはお得とがんばっていただきたいところなんだけど。

そんな中、ちょっと前に非常にわかりやすい説明を実例を具体的に交えて解説しているブログ記事があったので、これから先、またお客さんに説明する機会等あったときにも活用できるようにメモ。

Google上位表示の秘訣

上記の記事はフルスピードという会社の深井さんという方が書かれたもので、この記事の内容だけで「とにかくGoogleですぐに上位表示される」というものではないけれど、そこに影響を与える要因のひとつについてナイスな解説がされているのでブックマークし、お客さんへの説明にも使わせてもらってる。

日頃、様々なキーワードで検索をすると
「なぜこのサイトが上位に表示されるのか?」おやっと思う結果に遭遇することがあります。
Yahooであればバグでは?と思うのですが、
Googleの場合はそれなりの理由が存在する確度が強くなります。
今日はそんなGoogle検索エンジンの特徴のひとつをご紹介いたします。

とくに外部サイトから検索上位を目指したいサイトへのリンクを張る際に、よく「アンカーテキスト内に含めるキーワード」についてアドバイスをしているのだけれども、それについて実例でもってわかりやすく説明がされているのがありがたいです。

影響を与える要因のひとつであるとはいえ、それでもSEOで効果をあげようとする際に持っていると良い感覚を得るにも役立つと思います。

Googleで上位表示される秘訣は多々ありますが、
今回の事例では、基本中の基本アンカーテキストをおさえること、
そして出来る限りそのリンクを貼り続けることが大切だといえます。

この他にも外部対策で気を付けること、
・コンテンツが充実しているページからのリンク
・アンカーテキストを分散
・短期間で増やさない
・関連あるページからのリンク
などなど多くの要素がありますが、
総合的な積み重ねが外部対策で重要であるドメインの強さに結びつきます。

『Google上位表示の秘訣』から引用。

Categories

Tag Cloud

AdMob Android Apache centos CodeIgniter EC-CUBE facebookアプリ facebookページ feed Firefox Flash google googleanalytics htaccess iPad iPhone JavaScript lamp mobile nginx ogp pear php plugin rollover rss sendmail setting smarty ssh Titanium Mobile Titanium Studio tutorial ubuntu vim VirtualBox vmware vps Windows WordPress xampp youtube さくらインターネット アクセス解析 カスタム投稿