ウェブ、ショウジン

Mac OS X LionにEclipseでAndroidアプリの開発環境を構築

2012-6-2
Category
スマートフォン・アプリ

Mac OS X LionにEclipseを使ってAndroidアプリケーションの開発環境を構築する。

今まで何度かやってきたけど2012/06/02時点での最新版(俺比)ということで。

Android SDKのインストール

android developersの
SDK > Download the Android SDKから
Mac OS X(intel)向けのandroid-sdk_r18-macosx.zip
を選んでダウンロード。

https://developer.android.com/sdk/index.html

1_androidSDK

ダウンロードしたzipファイルを展開。

展開したandroid-sdk-macosxをこのディレクトリごとアプリケーションディレクトリへ移動。

2_application

開発に必要なパッケージ類をインストールする必要がある。リポジトリにアクセスしてパッケージをロードして、インストール。回線によるけれど、とて〜も時間がかかるので余裕のあるときに気長にやる。詳しくは下記URLにある「Android SDKをインストール」を参照。

Mac OS X LionにTitanium StudioをインストールしてTitanium MobileによるiOSやAndroid向けのアプリケーション開発をする環境を作る

JDKのインストール

Androidアプリケーションの開発にはJDKが必要。OS X 10.6 Snow LeopardではデフォルトでJDKがインストールされていたけれど、10.7 Lionではそうじゃなくなっているらしいので、これをインストールする。

詳しくは下記URLの「JDK(Java Development Kit)をインストール」部分を参照。

Mac OS X LionにTitanium StudioをインストールしてTitanium MobileによるiOSやAndroid向けのアプリケーション開発をする環境を作る

Eclipseのインストール

eclipse.orgのEclipse Downloadsから
http://www.eclipse.org/downloads/

Eclipse IDE for Java DevelopersのMac OS X 64 Bitを選んでダウンロード。

3_eclipseDownload

ダウンロードしたeclipse-java-indigo-SR2-macosx-cocoa-x86_64.tar.gzを展開すると出現するeclipseフォルダをフォルダごとアプリケーションに移動。

4_eclipse

今回は日本語化は行わない。エラーメッセージが日本語のせいで問題解決の参考になる記事が日本語のものに限定されてしまうので。日本語化する場合は下記URLの「Eclipseの日本語化」を参照。

Mac OS XにAndroid SDKとADTプラグインをインストール(Eclipse 3.7でAndroidアプリの開発環境を構築する)

ADTプラグインのインストール

Androidの開発に必要なプラグイン「Android Development Tools(ADT)」をインストールする。

Eclipseを起動し、メニューの「Help」から「Install New Software…」を選択。

5_adt1

出現する「Install」ダイアログの上部右側にある「Add…」をクリック。

6_adt2

Android pluginとして以下のリポジトリURLを登録。

https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

7_adt3

OKをクリックするとリポジトリからプラグインがロードされる。pendingとなって、ちょっと待つけど、ロードされたらDeveloper Toolsにチェックを入れてNextボタンをクリック。

8_adt4

次の画面「Install Details」もそのままNextをクリックして進む。

9_adt5

Licenseに同意するためにI accept the terms of the license agreementsにチェックを入れて「Finish」ボタンをクリック。

10_adt6

Security Warningが出るけど気にせず「OK」をクリック。

11_adt7

プラグインのインストールが完了したらRestart NowをクリックしてEclipseを再起動。

するとAndroid SDKのディレクトリが見つからないよと言われる。

12_adt8

これを解消するためにEclipseの環境設定を変更する。

Android SDKにパスを通す

先にインストール済みのAndroid SDKにパスを通すためにEclipseの環境設定を開いて「Android」を選択。SDK Locationのところで該当ディレクトリをBrowseボタンをクリックして指定し、OKをクリック。

13_sdkPath

確認のため、Eclipseを一度終了し、再起動。こんどはさっきのような注意ダイアログは出てこない。オーケー。

つづいてEclipseの設定をいろいろとしておく。

ワークスペースの文字コードをUTF-8にする

SJISが選択されているといろいろと問題がでてくるので、これを「UTF-8」に変更しておく。「Eclipse」メニューの「環境設定」を選択して、「General > Workspace」を開いて「Text file encoding」で「Other: UTF-8」を選んで「OK」をクリック。

14_charset

でも、日本語化をしなかったせいなのか、文字コードはすでにUTF-8になっていた。オーケー。

Eclipseのテキスト・エディターで行番号と空白文字の表示

このへんの設定はお好みで。

「Eclipse」メニューの「環境設定」から「General > Editors > Text Editors」を開いて「Show line numbers / 行番号の表示」と「Show whitespace characters / 空白文字の表示」にチェックを入れてOK。

eclipse_editors_setting

Eclipseのメモリを増やす

Eclipseは高機能ゆえにいろいろと肥大して動作が重いのでメモリの設定を変更して少しでもそれを軽減させる。今回は16GBのメモリを積んでいるマシンでの設定なので細かいことは気にせずにEclipseの設定ファイル「eclipse.ini」に以下のように設定。(-Xssというのは元はなかったけど追加、XmsとXmxは元の値を変更)

-Xss2m
-Xms256m
-Xmx1024m

Eclipse.appを右クリックして「パッケージの内容を表示」するとContentsが見えるので、この中にあるMacOS内のeclipse.iniを編集。念のためバックアップをとっておくこと。

Eclipseの設定については

Eclipse初心者がAndroid開発する際に押さえるべきこと

を参考にさせてもらいました。ありがとうございます。

EclipseにVim風のキーバインドを導入する

コーディングには普段Vimをグイグイ使っているので、Vrapperというプラグインを入れる。ちなみにこれはTitanium Studioでも使える。

この記事で知りました。

Eclipseのキーバインドをvim風にできるVrapperが素晴らしすぎる件について

EclipseのHelpメニューから「Install New Software」を選んで「Install」ダイアログの右上の「Add…」をクリックし、Nameに適当にVrapperとか入れて、Locationに下記URLを入力してOKをクリック。

http://vrapper.sourceforge.net/update-site/stable

15_vrapper

Vrapperがロードされたらチェックを入れて、Nextをクリックして進んでいき、ライセンスへの同意「I accept the terms of the license agreement」にチェックを入れてFinish。途中でこれまたSecurity Warningが出るけど、気にせずOKで進める。

インストールが完了したら出てくるダイアログでRestartをクリックしてEclipseを再起動。

Eclipse画面の上にVimアイコンが追加されている。クリックして押下の状態になっていればVrapperは有効になっている。再度クリックすれば無効に。

16_vim

Androidエミュレータを作成して起動

EclipseのWindowメニューからAVD Managerを選ぶと「Android Virtual Device Manager」というウィンドウが出現する。

17_avd1

このウィンドウの右上にある「New…」をクリック。

18_avd2

すると「Create new Android Virtual Device (AVD)」というウィンドウが出るので、試しに以下の設定を入力して「Create AVD」をクリック。

19_avd3

そうすると以下のようにAndroid Virtual Device Manager上に作成したエミュレータ(AVD)が追加される。(titaniumとあるふたつのAVDは、先にセットアップしたTitanium Studioで作成されたもの、かな。たぶん)

20_avd4

今回作成した「Android2.2_HVGA」をクリックして選択状態にしてウィンドウ右の真ん中あたりにある「Start」をクリックしてエミュレータを起動させる。(Launch Optionsというのが出てくるので、そのウィンドウ下のLaunchをクリック)

iOSシミュレータと違ってけっこう時間がかかるので、実機がある場合はそれを使って確認、デバッグ等をするとよいかも。(使用マシンのスペックによるけど)

Eclipseで作成したAndroidアプリを実機のAndroid搭載端末にインストールしてデバッグしてみる

エミュレータが無事起動するとこんな感じ。

21_avd5

このままだと使用言語が英語なのでロケールを変更。

MENUボタンをクリックしてSettingを選んで「Language & Keyboard」にある「Select language」で「日本語」を選んで完了。

サンプルアプリケーションをビルドして確認

22_sample1

FileメニューからNew > Android Projectを選んで

23_sample2

Project Nameを適当にSampleAppとしてNextをクリック。

ビルドターゲットにAndroid2.2を選んでNext。

24_sample3

Package Nameも適当に「me.showjin.sampleApp」として(自分の独自ドメインを逆さにしてプロジェクト名をつけるのが慣習らしい)Finishをクリック。

25_sample4

ビルドされたSampleAppをEclipse画面のPackage Explorerから右クリックして「Run As > Android Application」を実行。

26_sample5

エミュレータが立ち上がると画面がロックされている状態なので、鍵アイコンを右にスライドしてこれを解除。すると、まだとくに何もコードを書いていない状態のまっさらなアプリケーションのビュー画面が確認できる。

27_sample6

以上。

Eclipseやプラグイン等、いろいろとバージョンも変わってメニューなんかも変更になっていたので、以前の下記記事をもとに、自分としての最新版を一応まとめてみました。

Mac OS XにAndroid SDKとADTプラグインをインストール(Eclipse 3.7でAndroidアプリの開発環境を構築する)

Titanium Studioを使ったTitanium Mobileでの開発には下記を参考に。

Mac OS X LionにTitanium StudioをインストールしてTitanium MobileによるiOSやAndroid向けのアプリケーション開発をする環境を作る

Categories

Tag Cloud

AdMob Android Apache centos CodeIgniter EC-CUBE facebookアプリ facebookページ feed Firefox Flash google googleanalytics htaccess iPad iPhone JavaScript lamp mobile nginx ogp pear php plugin rollover rss sendmail setting smarty ssh Titanium Mobile Titanium Studio tutorial ubuntu vim VirtualBox vmware vps Windows WordPress xampp youtube さくらインターネット アクセス解析 カスタム投稿