ウェブ、ショウジン

Titanium Mobileで作ったAndroid向けアプリの名前を任意のもの(日本語)に変更する

2012-7-13
Category
スマートフォン・アプリ

Titanium Mobileでは、デフォルトではアプリケーション名がプロジェクト名になっているので、これを日本語に変更したい場合は多言語化対応する必要がある。

プロジェクトのルートディレクトリ直下にi18nという名前のディレクトリを作る。(あとからこのディレクトリはResources直下に作るという記事を見たけれど、プロジェクトディレクトリ直下でも大丈夫だった)

i18n内に日本語設定のためのjaというディレクトリを作り、その中にstrings.xmlという名前のファイルを作る。

そのstrings.xmlに以下のように記述して、appnameに日本語のアプリ名を設定する。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<resources>
    <string name="appname">日本語アプリ名</string>
</resources>

ターミナルを使って(Titanium StudioのExplorerでは見えないので)該当プロジェクトの

プロジェクトディレクトリ/build/android/AndroidManifest.xml

プロジェクトディレクトリ/platform/android内にコピー。
(このplatformとandroidディレクトリは自分で作る)

コピーしたplatform/android/AndroidManifest.xmlファイルを開き、android:labelで指定されている値(デフォルトだとプロジェクト名)を「@string/appname」に変更する。二箇所あるので注意。

*「XXXXX」部分はアプリによって異なる。

<application android:icon="@drawable/appicon"
		android:label="@string/appname" android:name="XXXXXApplication"
		android:debuggable="false">
<activity android:name=".XXXXXActivity"
			android:label="@string/appname" android:theme="@style/Theme.Titanium"
			android:configChanges="keyboardHidden|orientation">

これで実機にインストールしてみたら、これまでのプロジェクト名から、日本語で指定した名前に変更されていることが確認できた。

以下の記事が参考になりました。
ありがとうございます。

http://ti.masuidrive.jp/topic.php?id=12
http://qa.atmarkit.co.jp/q/88

追記:
i18nにはjaだけでなく、enディレクトリ(およびファイル)も用意しておかないとGoogle playにアップロードする際にエラーになるという記事もあったので、この点も注意。

Categories

Tag Cloud

AdMob Android Apache centos CodeIgniter EC-CUBE facebookアプリ facebookページ feed Firefox Flash google googleanalytics htaccess iPad iPhone JavaScript lamp mobile nginx ogp pear php plugin rollover rss sendmail setting smarty ssh Titanium Mobile Titanium Studio tutorial ubuntu vim VirtualBox vmware vps Windows WordPress xampp youtube さくらインターネット アクセス解析 カスタム投稿