ウェブ、ショウジン

301リダイレクトを使ってwwwのありなしを統一(URLの正規化)

2011-2-1
Category
SEO

WWWがあるURLとないURLを統一せず、どちらも同じページなのにURLが別(WWWありとなしで)というのはSEO的に好ましくない。(参考:301リダイレクトを使った「WWWあり」と「WWWなし」の統一

上記の参考ページにあるように、.htaccessで310リダイレクトを使ってどちらか片方(WWWありかなしか)に統一する。以下は自分が利用しているさくらインターネット(スタンダードプランを利用)での例。

サーバコントロールパネルの「ドメイン設定」で該当ドメインを「マルチドメインとして使用する」にしておく。
(さくらではこれが推奨なのでデフォルトでこの状態)

この状態で以下の内容を/www/.htaccessに記述する。
(.htaccessのパーミッションは644、/www/はさくらでのWebルートディレクトリ)

WWWなしに統一の場合(example.hogeというドメインでの例)

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.example\.hoge
RewriteRule (.*) http://example.hoge/$1 [R=301,L]

さくらの初期ドメインを独自ドメインにリライトする処理をすでに.htaccessに記述している場合は、まとめて以下のように。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} example?.sakura?.ne?.jp [NC]
RewriteRule .* http://example.hoge%{REQUEST_URI} [L,R=301]
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.example\.hoge
RewriteRule (.*) http://example.hoge/$1 [R=301,L]

これで

www.example.hoge
www.example.sakura.ne.jp

example.hogeに統一される。

Categories

Tag Cloud

AdMob Android Apache centos CodeIgniter EC-CUBE facebookアプリ facebookページ feed Firefox Flash google googleanalytics htaccess iPad iPhone JavaScript lamp mobile nginx ogp pear php plugin rollover rss sendmail setting smarty ssh Titanium Mobile Titanium Studio tutorial ubuntu vim VirtualBox vmware vps Windows WordPress xampp youtube さくらインターネット アクセス解析 カスタム投稿